だいし水辺の楽校 だいしみずべのがっこう

だいし水辺の楽校は、多摩川河口の自然を舞台に、干潟のいきものや野鳥、植物の観察会や釣りなどをとおして、自然と親しみ、楽しむ楽校です。およそ月に1度行われています。

内容: 干潟観察会・ロープワーク・ハゼ釣り・野草観察・凧つくりなど、その月によって異なります。詳しくは「活動予定」をご覧下さい。

参加資格: 自然や多摩川、干潟のすきな方、興味のある方であれば、特にありません。なお、小学校3年生以下のお子さんは保護者同伴でご参加ください。

参加費: 100円〜300円(活動により費用は異なります)

参加方法: 参加希望の方は、事前にお申込み下さい。

申込み方法: 次のいずれかの方法でお申込みください。

①大師河原干潟館に来館して直接申し込む。

②希望日、氏名、年齢、住所、連絡先、Eメールアドレスを明記して電話、FAX、Eメール、またはホームページ「お問い合わせ」から申し込む。

●申し込み

大師河原干潟館 ℡044-287-7882 FAX044-287-7883

メール  higata_net@emobile.ne.jp

担当 佐川 kaeru_mako@yahoo.co.jp

【だいし水辺の楽校】

●校長・・仲子先一郎

水辺の楽校とは(川崎市ホームページより)

 水辺の楽校とは、国土交通省が文部科学省、環境省と連携して進めているプロジェクトです。水辺をフィールドに、子どもたちが川に親しむ自然体験活動を推進しようというもので、実際の活動主体は市民ですが、安全で活動に適した水辺の整備など、市や国も関わりながら事業を展開しています。日本全国で約 291校が設立され、多摩川流域では19の水辺の楽校が活動中もしくは準備中です。

 川崎市内では、「かわさき水辺の楽校」(多摩区)、「とどろき水辺の楽校」(中原区)、「だいし水辺の楽校」(川崎区)の3校が活動中で、それぞれ月1回程度のペースで、魚釣りや川に入っての生物観察、源流体験などを行っています。